風俗店の仕事内容をご紹介

こんなに多い!風俗店の種類と特徴

古今風俗店で働く理由の違い

ソフト系の風俗と言えば、ハードなサービスをしないので初心者にもぴったりです。種類も多くピンサロやオナクラ、メンズエステが挙げられます。 これらはタッチの有無だけでは無く、サービス内容も全く異なりますので注意して下さい。ソフトなだけあって、給与はやや安いです。

ヘルスってどんなサービス?

ヘルスはファッションヘルスの略で、本番行為はありませんが、お客さんの身体を舐める、または素股と言うサービスを行います。 ヘルスは風俗店の中でもかなりの割合を占めていて、コスプレや人妻専門などバラエティ豊かです。またデリヘルと言って店舗を持たない風俗もあります。

ピンサロやオナクラ・メンズエステとは?

水商売や風俗で働く女性をイメージした時、その背景にどんな理由があると思いますか?借金の返済の為、将来の為、ただなんとなくなど理由は十人十色ですが、全てはお金の為という事になります。確かにキツイ仕事ですし、報酬が十分でないとほんの一握りを除いて多くの人がやらないのではないでしょうか。
そんな風俗という特殊な業界ですが、お金の為であっても古今で働く理由が大きく異なっているのはご存知ですか?昔は自分だけでは無く、親や兄弟・恋人などのお金の工面の為が多かったです。しかし現代は自分の貯金やより水準の高い生活をする為の費用を得る為に働いている方が多い様です。その為、いやいやではなくプロ意識を持って働く方が増えより魅力的に見えるのではないでしょうか。
ちなみに風俗といえば高収入が期待出来ますが、どのくらいの差があるのでしょうか。ライト系のサービスからソープランドまで幅広く、且つ指名やオプションなどの能力にも大きく左右されます。
平均日当が3~15万で、昼の仕事の月給を1、2日で得るケースもあります。これを見ると昼の仕事と掛け持ちで風俗のアルバイトをする理由も納得です。とは言っても周りにバレ無い様に対策をしたり、身体を張って仕事をするので体調を崩しやすくなったりすると言ったデメリットもあります。
そんな風俗にスポットを当てて紹介していますので、これから働こうと考えている方や今のお店に不満がある方は参考にしてみて下さい。

風俗の王様といえばソープ

ソープと言えば風俗でも唯一本番行為が認められた場所です。その為、立地出来る場所も限られていて、年々数が減っていると言われています。 本番はもちろんですが、ハードなプレイを行うケースもあり楽な仕事とは言えませんが、その分かなりの高収入が期待出来ます。

TOPへ戻る