歯科治療――保険内でできる治療できない治療

保険が適用される歯の詰め物

基本的に怪我や病気の治療費が3割の自費負担になる健康保険。
保険料は毎月のように支払う必要はありますが、病気や怪我をした時には経済的に大変助かる仕組みでもありますね。

しかし、この健康保険は、あくまでも病気や怪我などで治療を受ける時に適用され、人間ドック、予防注射、美容整形等といった病気や怪我の「治療」とみなされないものには適用されません。

もちろん歯科治療においても、健康保険の適用される治療と、適用外となる「治療」があります。

ただ、歯科治療にかかった時において、保険の適用/適用外の切り分けが、ボンヤリとした曖昧なものと感じられた方も多いのではないでしょうか?

実は、歯科治療で健康保険が適用されるためには、治療法や治療に使われる素材は、あらかじめ決められている物でなければならないのです。

そのため、同じ歯に被せ物をする治療でも、治療に使われる素材によって保険が適用されるケースと、適用されずに自費治療になってしまうケースに分かれてしまうと言う訳なのです。

この基準も、病気の治癒に必要な方法、あるいは素材であれば保険適用、そうではない美容や快適さのみへの対処であれば保険適用外となります。

しかし、歯科治療によっては「美容」に関するものでも「治療」に分類される事もあるのです。例えば、歯のクリーニングは歯周病治療でもホワイトニングでも行われますが、前者の場合は「治療」目的として保険が適用され、後者は「美容」目的として適用外になります。
このように、目的によって保険が適用されたり、されなかったりする場合もあるのです。

こちらのサイトでは、どのような歯科治療で保険が適用されるのか、基本的な事例を中心にまとめてあるので、参考までに御覧くださいませ。

おすすめリンク

新橋で痛くない歯科がある?

できるだけ痛みを抑えてくれる歯科があるのです!新橋だからアクセスも良く通いやすい!

歯科選びに困ったら松戸で探せ

松戸にあるアットホームな雰囲気の歯科!笑顔で対応してくれるので気持ち良いし痛くない!

愛犬の心臓病について理解していますか?

高齢になるとともにリスクが大きくなる心臓病!1年に1度は愛犬を診察することを勧めます