歯科治療――保険内でできる治療できない治療

>

歯科治療での保険が適用されるケース/されないケースとは

詰め物治療で保険が適用されるケース

いわゆる歯の詰め物(インレー)治療ですが、こちらはもちろん虫歯の治療ですので基本的に保険が適用されます。
ただし、保険適用となるためには詰め物に使われる材料が定められています。

コンポジットレジンインレー:プラスチック素材による詰め物。
安価な材料で、歯の色に近く、金属アレルギーの心配がない。
一方で、強度は決して強くはないため、割れたり欠けてしまう事がある。

金銀パラジウム合金インレー:「銀歯」とも言われる合金の詰め物。
やや安価な材質で、金属であるため一定の強度と耐久性を持つ。
反面、見た目の色は歯の白と馴染まず見栄え的な問題があり、また金属アレルギー発症のリスクもある。
なお、「銀歯」の被せ物(冠・クラウン)もこれに準じる。

このように、材質によってメリット・デメリットがありますので歯科医師とよく相談して選びましょう。

詰め物治療で保険が適用されないケース

詰め物(インレー)治療で保険が適用されない材料をご紹介します。
保険適用外という事もあり、治療費も高額になりますが、これらにもメリット・デメリットはあります。

セラミックインレー:セラミック(陶材)を使った金属を含まない詰め物。
質感は天然の歯に近く、色もプラスチック同様に歯の白に近く変色もしにくい。
しかし、割れるリスクがあり、天然の歯より硬いため周りの歯を傷つけやすい。
また、虫歯を削る量も多い。

ハイブリッドセラミックインレー:セラミックとプラスチックの混合素材を使った詰め物治療。
セラミックインレーよりは、ある程度安価な材料。
色も歯に馴染み、周囲の歯も傷つけにくい一方で、すり減りやすく、やや変色しやすい。

ゴールドインレー:金を使った合金による詰め物。
金属なので強度があり、金属アレルギーのリスクも低い。
また、抗菌作用もあるため、虫歯の再発も少なくなる。


この記事をシェアする