歯科治療――保険内でできる治療できない治療

>

歯のクリーニングで保険が適用されるケースとは

歯のクリーニングで保険を適用するには?

歯のクリーニングは美容目的で行われる事も多いためか、「治療」に当たらず、保険が適用されないと思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、クリーニングの一環である「歯石(バイオフィルム)除去」について、歯科医が「歯周病、虫歯の疑いがある」と判断すれば、「治療」として保険が適用されます。
毎日の歯磨きだけでは磨き残しがあるため、単純なクリーニングというだけでなく、歯の健康維持のためにも定期的に行った方がいいのかも知れません。

ただし、保険の仕組み上、一度で口腔内全体をクリーニングすることは認められていないので、歯医者へ複数回通う必要があります。
診療回数がかさむと、保険適用したのに、合計の診察代が予想外に高くなっていた、ということもありえますので注意が必要です。

自費によるクリーニング

逆に、保険が適用されない自費によるクリーニングでも、美容だけではなく、歯や口腔内の健康に役立つ施術がされます。

まず、歯科医師による口腔内の診察が行われ、健康な歯であった場合でもそのままクリーニングを受けられます。
そのクリーニングプロセスの中には、保険適用の歯垢除去も含まれ、その後様々な角度から専用機器を使って、歯の清掃が行われます。
歯垢除去の時よりより丁寧に清掃が行われるため、ステインなどの歯の着色汚れも落とされて、自然な歯の色が戻ったり、口臭を無くす効果もあります。

病院やクリニック、あるいはオプションによっては、フッ素を歯に塗布したり、歯肉マッサージなどを行う所もあるようです。
これらの施術は、保険診療と違って1回の通院で終わらすことができます。
値段やクリーニング内容は、場所によって千差万別ありますので、確認や相談は必要です。


この記事をシェアする