歯科治療――保険内でできる治療できない治療

>

その他の歯科治療で保険が適用されるケース

インプラント・歯列矯正

インプラントは、入れ歯やブリッジなどで対応できる治療であり、必ずしも必要とは言えない施術であると判断されているため、健康保険適用の対象外となっています。
ただし、かなりのレアケースですが保険が適用される条件があります。
・先天的、あるいは事故や病気、手術で下顎の骨の三分の一以上が欠損している場合。
・上顎が三分の一以上欠損し、鼻腔や副鼻腔に繋がっている場合。

また、歯列矯正も主に見た目を良くする目的で施術されますので、基本的に保険は適用されません。
しかし、顎の骨が歪んでいたり変形しているため、噛み合わせに問題が出る顎変形症など、厚生労働大臣が定める指定の病気であると診察されれば、歯列矯正でも保険を受けられます。
なお、これら指定の病気の治療で保険が適用されるのは、公的機関に届け出のある医療機関のみとなります。

終わりに

歯科治療において、保険が適用されないと思われがちな施術でも、ケースによっては適用される場合もあり、反対に普通は保険が適用されるケースでも使用する材質によっては、保険適用外になることがあります。
その基準については全国一律で定められていますが、基準の線引の解釈は都道府県ごとの自治体によって微妙に変わる場合もあります。
また、お医者さんの考え方によっては、保険で出来ることでも「しない方がいい」と判断される事もあるようですので、診察を受ける前に、その治療は保険が適用されるのかを確認した方がいいでしょう。

しかし、保険が適用される治療でも、何度か歯科医院に通うことになるので、それなりの出費になってしまいます。
歯磨きやマウスウォッシュなどの、日頃の口腔内ケアで虫歯や歯周病を予防していくことは大切です。


この記事をシェアする