こんなに多い!風俗店の種類と特徴

>

風俗の王様といえばソープ

ソープランドと他業種の違い

風俗とソープランドは切っても切れ無い関係で、風俗の中でも唯一本番行為が認められています。これはソープ自体コンパニオンを個人事業主として雇っていて、入浴補助をするという名目になります。その際にコンパニオンが恋愛感情を持ってしまい、自分の判断で本番行為をしてしまったという事になるので禁止行為にはなりません。
ソープではまず一緒にお風呂に入り、そこからマットプレイに移ります。マットを堪能した後はベッドルームに移動してプレイを楽しむ事になるのですが、店舗によっては複数のコンパニオンとプレイが出来るオプションもありますので、複数プレイがしたい方にもぴったりです。
日当8~15万円とかなりの高収入ですが、その分プレイ内容や容姿レベルなど多くを求められるので簡単に稼げると思ったら大間違いですし、しっかり営業をしていないと冷ややかな目で見られる事もあります。

高級店にはセクシー女優がいるって本当?

ヘルス同様にソープランドにも激安・大衆・高級店があり、高級点にはセクシー女優が在籍しているケースもあります。それだけでは無く高級店では容姿レベルはもちろんの事、テクニックや会話スキルなどが求められるので、高級店に入ったのは良いが成績を維持出来ずに病んでしまう方もいます。
身体が資本ですし、一度病んでしまうとクセになるのであまりにも辛いのなら店舗のグレードを下げる事も大切です。高級店で売れないよりも、大衆店や激安店でそこそこの売上を維持している方が大切にされやすいのも事実です。売上があると達成感にも繋がりますし、自信が出てきます。風俗で働くにあたって自信は大きな武器になりますので、自分のメンタルと相談していくのがこの業界で長く働く為の知恵です。
とは言ってもいつかは卒業しなければならないので、目標がブレ無い様にして下さい。


TOPへ戻る