こんなに多い!風俗店の種類と特徴

>

古今風俗店で働く理由の違い

メンズエステの特徴

名前を見ただけでは風俗とは分からず、単なるマッサージサービスかな?と思ってしまうメンズエステは、セラピストがお客様の身体をリンパマッサージしてくれるサービスです。
風俗店では無いメンズエステは存在しますが、見分けるコツは料金にあります。40分当たり5000円を下回る店舗は風俗店では無く、一般的なマッサージ店です。それ以上の費用が発生する場合は風俗店なのでこれから働く方は間違えない様に注意して下さい。
メンズエステでのサービスはオイルマッサージがメインで、ハンドサービスが主です。表向きにはマッサージのみですがお客さんと会話を楽しんだり、オプションで手や口を使ったサービスもあったりする様なので事前に確認が必要です。
メンズエステの場合は日当1~2万円がメインで、ソフト系の中でも最も負担が軽い風俗といわれています。

見るだけ・するだけのオナクラ

最近は数が減ってきたオナクラは、質の悪いお店がヘルスで働くコンパニオンを集う時に偽の求人として掲載する事があります。実際の店舗もありますが、数少ないので注意して下さい。
このサービスは基本的にお客さんからのタッチは無くお客さんのオナニーを観賞したり、自分がしたりする間接的なプレイを行います。このサービスは間接的なタッチが無い代わりに、かなりの容姿レベルが求められますしマニアックなサービスになるので集客が大変です。日当は1~5万円とかなりの差があり、オプションでタッチを進めるお店もあります。
ソフト系のサービスは他にも口だけのサービスを提供するピンサロや、上半身のみのタッチが許されているおっぱいパブなどがあります。これらのサービスですが、容姿はもちろん、会話スキルも大切になるのでコミュニケーションスキルが必要です。


TOPへ戻る